天皇誕生日の連休にお伊勢詣りに行ってきました。

江戸時代の人は、一生に一度は!と言ってお伊勢詣りをしていたそう。

江戸時代は命がけだったそうですが、その様を描いた屏風絵がありました。

わたしも、古希を無時迎えることができたおかげ参りに行ってきたのです。

1日目は午後早くに伊勢市駅に着きました。

ランチには名前だけ知っていた「伊勢うどん」をいただきました。
博多のうどんをイメージしていたので、目の前にしてびっくり。
お出しが全くなくて麺の下に甘辛いたれが!
体験してみないとわからないものですね。

「せんぐう館」で伊勢神宮の遷宮について学んだ後、外宮にお詣り。

遠くからお詣りするところが他の神社と違います。

2日目の朝、宿主が内宮をガイドしてくれるというので、内宮近くのゲストハウスに泊まりました。
5時に起きてまだ暗い中を内宮近くの宇治橋へと向かいました。

内宮も遠くからのお詣りです。

伊勢神宮は20年に1回遷宮があり、7年前に行われたそうです。

小さな社は、ずれての遷宮になるそうで、子安神社は昨年に遷宮。
妊活ヨガやマタニティヨガの生徒さんたちのためにお詣りしました。

梅の香が漂う伊勢神宮でした。