アメリカの第44代大統領、オバマ氏の就任式。
その歴史的瞬間の感動を共に味わいたくて
2時半過ぎまで起きていました。

遠く離れているのに、
いまそこにいるかのようにリアルタイムで味わえる幸せを感じながら、
その時を待ちました。

「オバマ!」のコールの中、現れたオバマ氏。

真紅のネクタイにその情熱を込めているかのよう。
200万人という大観衆の中でも見せるオバマスマイル。
人間の大きさを感じます。

気がつくとテレビは、「就任演説」と言っていました。

なんと就任式のその瞬間を、見逃してしまったのです。
ほんの1,2分、睡魔に襲われてしまったよう。
その場面は、朝刊で見る羽目になってしまいました。

世界中から期待されていた就任演説。
同時通訳の声でオバマ氏の肉声はあまりよく聞き取れませんでしたが、
「希望」を感じさせる力強い演説。
世界のリーダーとして期待通りの活躍をしてくれるだろうと
「希望」を感じながら夢の世界へ入りました。