Pocket

2月半ばのこと。
福岡県腎臓病患者連絡協議会の事務局長さんから1本の電話がありました。

「5月の福岡県腎臓病患者大会のアトラクションで笑いヨガをしていただけないでしょうか?」

数日後、事務局長さんとスタッフの方がサンシャインに打合せに来られました。
なぜかふと「笑いヨガ」が浮かんできたのだそう。

いただいた名刺に描かれたキャラクターのジンキー。
腎臓病の方々との交流は初めてです。
もちろん、引き受けさせていただくことにしました。

会場は、六本松に新しくオープンした福岡市科学館
10日ほど前、会場の下見に行ってきました。
当日の参加者は300名ほど。
その大半が人工透析をされている方たちだそうです。

少し前に、人工透析を止めた患者が1週間で亡くなったと、問題になっていました。
腎臓病のことも人工透析のことも、あまり知らないので、この機会に勉強して少しでもお役に立てればと思います。
近年、人工透析中の運動が推奨されているそう。
笑いヨガもきっと役に立つことでしょう。

Pocket