>         北山修 最後の授業 - サンシャイン|福岡博多でおすすめのヨガ教室&カウンセリング|個人レッスン

福岡博多のヨガ・カウンセリング|プライベートレッスンのサンシャイン

ココロもカラダも元気になるヨガ教室&カウンセリング サンシャイン

ブログ
村上眞知子のサンシャインな日

投稿日:2010年7月31日
ブログカテゴリ: 幸せのヒント

北山修 最後の授業

一昨日、NHK教育テレビで、北山修の「最後の授業」を観た。
4回シリーズだったらしいが、前の3回は知らなかったので、
本当の「最後の授業」にぎりぎり間に合った。

北山先生は、
“セラピストに必要なこととは何か”を語られた。

小学校の教員を卒業してカウンセラーとしての人生を歩み始めたころ、
九州大学で北山先生の「精神分析」の授業を受けていた。
当時は内容がよくわからないこともあったが、授業は面白かった記憶がある。
「甘える」と「甘い」は、つながっている、というのも
確か授業で学んだことだった。

カウンセラー・セラピストとしての人生18年目の今、
北山先生が語られる言葉ひとつひとつにとても共感をおぼえた。

北山先生が、あのフォークルセーダースの北山修だと知ったときは、
衝撃が走った。
村山正治先生の還暦祝いの会でそのことを知った夜、
フォークソングの本を引っ張り出して
「戦争を知らない子供たち」や
「あの素晴らしい愛をもう一度」を歌いまくった。

その北山修のさよならコンサートが、
きょう午後13:30からBSで放送されるとのこと。
私は仕事のため、DVDで楽しむことにしますが、
間に合う方は、ご覧になってみませんか?

サンシャイン情報092-404-1447
メール info@sun10.net
お問い合わせフォーム