>         健康をつくる生活習慣【その2】”電車で立つ” - サンシャイン|福岡博多でおすすめのヨガ教室&カウンセリング|個人レッスン

福岡博多のヨガ・カウンセリング|プライベートレッスンのサンシャイン

ココロもカラダも元気になるヨガ教室&カウンセリング サンシャイン

ブログ
村上眞知子のサンシャインな日

投稿日:2014年4月13日
ブログカテゴリ: 幸せのヒント

健康をつくる生活習慣【その2】”電車で立つ”

私が階段を普通に上り下りできるようになったのには、
生活の中でなるべく歩く、立つ、という
習慣の積み重ねもあると思います。

私が健康づくりに取り組むうえで参考にしている本の一つが、
『下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」』。

その中に、
「電車で立っていると、
 よいことがたくさんある」という項目があります。

床が揺れて不安定な状態の電車の中で立っていることは、
関節を安定させる腰椎や股関節周辺の筋肉を強化できる。
これらの筋肉を強化すると、
関節が安定してきて正しい動作ができるようになり、
怪我や転倒を防ぐ体の動きが可能になる。

ここを読むまでは、
地下鉄で通勤するとき、いつも空席を見つけては座っていました。

まず一駅から挑戦してみては、という
本のアドバイス通りやっているうちに、
通勤にかかる10分間は、余裕で立っていられるようになりました。

大きく揺れた時につかまることができる位置に立って、本を読む。
それが私の地下鉄での過ごし方になりました。

座ってスマホを見て・・・という昨年までと、
ずいぶん変われば変わるものです。
10分立っているだけで筋肉が育つなんて、
想像しただけで嬉しくなります。

ブログを読んでくださったあなたも、
何か体に良いことを生活の中に取り入れてみませんか?

サンシャイン情報092-404-1447
メール info@sun10.net
お問い合わせフォーム