>         オランダ研修旅行【10】~オランダイチゴ~ - サンシャイン|福岡博多でおすすめのヨガ教室&カウンセリング|個人レッスン

福岡博多のヨガ・カウンセリング|プライベートレッスンのサンシャイン

ココロもカラダも元気になるヨガ教室&カウンセリング サンシャイン

ブログ
村上眞知子のサンシャインな日

投稿日:2014年5月15日
ブログカテゴリ: 研修

オランダ研修旅行【10】~オランダイチゴ~

私が「オランダ」という言葉を知ったのは、
たぶん小学2年生の頃。

先隣りの家の庭に、
オランダイチゴが植えてあったのです。
当時は、今のようにイチゴが普通に売られてなくて、
イチゴと言えば、野イチゴか木イチゴ、
それにヘビイチゴが当たり前の時代でした。
だからその家のオランダイチゴを、
いいなあと思って見ていた思い出があります。

いまは、わざわざオランダイチゴとは言わなくなりましたが、
江戸時代にオランダから輸入されたので
和名を「オランダイチゴ」というのだそうです。 
そのオランダイチゴに、
ハーグで出会いました。

ブリュッセルからオランダ・アムステルダムに戻るユーレイルの終点が、
ハーグ。
アムステルダムに戻るには、
ハーグの手前のロッテルダムで乗り換えないといけなかったのですが、
せっかくなので、
終点のハーグまで行ってみることにしました。

もう6時過ぎだったのでハーグで夕食をいただくことにし、
レストランを探しました。
その途中で見かけたのが、
写真のオランダイチゴです。

子連れの女性が薦めてくれた、
川のほとりのレストランに行ってみました。

4月26日はちょうど、
2013年に即位したウィレム=アレクサンダー国王の、
誕生日を祝う、初の「王の日」だったからか、国旗が掲げてありました。
(本来の誕生日は27日だけど日曜なので、前日が「王の日」になったそう)
川には、王様の色であるオレンジ色の三角旗が飾られ、
レストランの前では、人が集まって歌ったりしていました。

メニューを見ながら「お肉の入っていないのは?」と聞くと、
アスパラガスの一品のみ。
そこで特別に、スープも作ってくれることになりました。
ガーリックトーストのディップも、野菜のものを作ってくれました。

特製のアスパラガススープは、
丼のように大きな器に、たくさん入ってきました。
そして、
ホワイトアスパラガスの一皿。

残り少ないユーロが気になって、サラダもデザートも頼まなかったのに、
コース料理と同じ34,5ユーロ(5,000円弱)に。
こんなことならコースにすればよかった、、とちょっと後悔。

駅に戻ったときは8時近くでしたが、
まだ夕方、という明るさです。

自転車王国のオランダでは、
自転車を乗せられる車両があります。

ハーグから1時間、
やっとアムステルダムに戻りました。
「王の日」のお祭りのオレンジが街のあちこちに。

私たちのホテルにも

オレンジの三角旗がたくさん飾られていました。

サンシャイン情報092-404-1447
メール info@sun10.net
お問い合わせフォーム