>         オランダ研修旅行【13】~「アムスダム」ウォッチング~ - サンシャイン|福岡博多でおすすめのヨガ教室&カウンセリング|個人レッスン

福岡博多のヨガ・カウンセリング|プライベートレッスンのサンシャイン

ココロもカラダも元気になるヨガ教室&カウンセリング サンシャイン

ブログ
村上眞知子のサンシャインな日

投稿日:2014年5月22日
ブログカテゴリ: 研修

オランダ研修旅行【13】~「アムスダム」ウォッチング~

いよいよ、オランダを発つ日が来ました。

ホテルでの最後の朝食。
5回目の朝食でしたが、
私のお気に入りは、豆の煮物。

この味を覚えて、
日本でも作ってみたいと思いました。

11時にはホテルに戻る予定で、
1人で散歩に出かけることにしました。
前日の朝買った、24時間有効の切符で片道だけトラムに乗り、
帰りはアムスダムの街をウォッチング。

日本では「アムステルダム」と言いますが、
耳で聴くアナウンスは、「アムスダム」。
短くて言いやすいので、
オランダにいる間は、「アムスダム」と言っていました。

降りた駅の近くの公園には、日本では見たことがない花が。

公園でヨガをした後、
見上げるような大きな木に、ハグしてみました。

公園近くの本屋さんで、ヨガの雑誌を見つけました。

今回は、ヨガ教室を訪問する余裕がなかったので、
お土産に買って帰ることに。

クルーズで回った運河ともお別れ。
巨大なお地蔵さんの顔のようなものが、欄干に。

橋の左には、アンネが隠れ家から時々見たという

西教会が。

右には、
ガイドブックに載っているのを見て行ってみたいと思った、
おふくろの味のレストランも。
店内にはお母さんの写真がいっぱい。

まだ開店前だったので、写真だけ撮らせてもらいました。

日本的な花・藤を装飾にしている家も。

ホテルの近くにも、同じような家がありました。

ダム広場に立っていると、

馬車が。
オランダのビール・Heineken(ハイネケン)のビア樽を運んでいたのです。
ちょうどホテルに戻りついたとき、
その馬車はホテルの前を通過。
観光用かと思いきや、
いまでも、普通の配達手段のようです。

お昼過ぎに、出国手続き。
係官のお兄さんは、
「こんにちは。お元気ですか。
 いい天気ですね~」と、
日本語を立て続けに。
おかげで、笑って出国することができました。

飛行機に乗る前に、残ったユーロをボックスに寄付。

私は小銭しか持っていませんでしたが、
お札もたくさん入っていました。
自然な寄付、いいですね。

機内での夕食。

ここでも、豆料理が美味しかったです。

真夜中のアイスクリームが気になって眠りも浅くなってしまいましたが、
翌朝、無事福岡に着きました。

サンシャイン情報092-404-1447
メール info@sun10.net
お問い合わせフォーム