さくらの季節になると、実家近くの健軍自衛隊通りの桜並木を見たくて、
毎年、満開の時期に合わせて帰っています。

今年は、満開を少し過ぎていましたが、まだまだきれいでした!

この桜並木の親分格の木は、たぶん50歳くらい。
私が小学校1年生の頃、
6年生だった兄たちが植えていたのをかすかに覚えています。

50年間、じっと排気ガスに耐えて、
人を楽しませてくれているんですねえ。
ありがたいことです。
桜にとっては迷惑なことでしょうが。

今年は、桜の木の間に小学生のかわいい標語がずらりと!

この子たちが50歳になったころも、桜並木がさらに大木になって
人々を楽しませてくれたらと願わずにはいられません。