ずっと以前から、もっと歳をとって余裕ができたら
窯をもって陶芸をしたいなあという漠然とした夢がありました。

佐賀県の陶芸家KOZUEさん»とご縁ができて、
将来の夢のほんの一部を体験してみることにしました。

ロクロを廻して器を作ることって、うまくいくのかなと思っていましたが、
KOZUEさんの教え方が上手だからでしょう、ちゃんときれいな形に。

次は、素焼きのお皿に藍色の絵の具で絵付け! 
思うようには描けなかったけど、陶
器店にも売ってあるような一点もののお皿が出来ました。

一緒に体験された皆さんの作品をご覧ください。

焼き上がりは1ヵ月後。
作品が届くのが今から楽しみです。
届いたら、またお目にかけますね。

今回は、一緒に行くはずだったSさんファミリーは、
急に行けなくなり残念でした。
子供たちにぜひこんな体験をしてもらいたい!
自分で作った食器が並んだ食卓では、
きっと家族の会話も弾むでしょうから。