「あなたはあなたが食べた物でできている」
そんな言葉を聞かれたことがあるでしょうか?

体に良いと言われる発酵食品についてもっと知りたい。
今回、東京に行ったのは、そんな思いからです。

研修の会場で中村利恵さんという素敵な方との出会いがありました。

ご著書にサインをしていただきました。
中村さんは、若いころバレーボール日本代表として活躍した方で、パリコレのモデルでもありました。
56歳というのに見事なスタイルで、なんとショートパンツで登場されました。

中村さんに出会ったことで、腸内環境や発酵食品についてもっと学びたい!
そういう思いをさらに強くしました。

発酵食品というのが今回の旅のテーマだったからでしょうか。
食したものも発酵食品がほとんどでした。

1日目のランチは、恵比寿にある酵素カフェへ。
たくさんのメニューから「18種類の野菜のカレー」を選びました。

長皿に入ってきたカレーが意外でした。
カレーは、丸い器に入っているという固定観念を打ち砕くものでした。

予想以上に辛かったのですが、まろやかでカレー店のとはちょっと違っていました。
18種の野菜が見えないのは残念でしたが、ルーにも発酵食品がたくさん使われているのだそう。
ライスがちょっと黒いのは、体を元気にしてくれる焙煎玄米粉で炊いているから。
体に優しい一皿でした。

夜は、ことばの教室時代の研修でお世話になった恩師との会食。
恩師が選んでくれたのは、「酢重」という軽井沢の味噌料理のお店でした。

新鮮な野菜に3種類の味噌をそのまま付けて食べるという一皿。
野菜料理の新しい形を味わうことができました。

2日目。
研修が終わって、空港に行く前に東京で夕食を、と思って入ったのは美噌元というお洒落な味噌汁専門店。

湯葉とゴマ豆腐、キノコやモロヘイヤにオクラ。
ちょっと贅沢な具が沢山のお味噌汁。
雑穀ご飯のお供も納豆と干し大根の和え物。
味噌はもちろん、納豆も昔ながらの本物の味で大満足。
これで880円とは。
福岡にもこんなお店があるといいなと思いました。

なんとも魅力的な発酵食品。
その可能性を更に感じることができた2日間でした。